引越し準備を成功させる荷造り前に知っておきたい!5つのポイント

引越しをする際に避けて通れない作業が「荷造り」です。家中のあらゆる荷物を箱詰めしていく作業は大変で、面倒くさいものですよね。そこで、荷造りの梱包テクニックを家事代行のプロに聞きました!面倒な引越し準備もコツさえつかめば効率よく進めることができます。プロの技を参考に、計画的に荷造りを進めていきましょう!

普段使わないものから箱詰めする。
引越し先ではその日に全て引っ越しの片付けは終わりません。
落ち着くのに数日、あるいはそのまましばらくダンボールに荷物が入ったままになってしまう事も多々あります。
ダンボール箱に荷物を詰めていく際には普段使っていないものから先に詰めていき、必要なものを後からしまうようにしましょう。
そうすれば引越し先で真っ先に箱から出すことができます。
ダンボール箱を用途によって使い分ける
ダンボールに詰め込む際のコツとして、「重い物は小さなダンボール」へ、「軽いものは大きなダンボール」へ収納する事です。
重い物を大きなダンボールに入れると、「ダンボールがやぶけちゃった...」「重くて持てない...」なんてことになってしまいます。1人で無理なく運べる重さに抑えることが基本です。
詰め終わったダンボールを重ねる際は、重いダンボールを下、軽いダンボールを上にして重ねると、潰れたりせず安定します。
ダンボールに「運び先」「品名」を書く
引越し先で開梱するときのことを考えて、ダンボールには「衣類」や「パソコン用品」など分かりやすくマーキングしておきましょう。その際、側面・上面どちらにも書いておくと、ダンボールを重ねても表示が見えて便利です。衣装ケースなど、直接書き込めないものには、紙に書いて、セロテープなどで貼り付けておくといいですよ。
引越し先で置く場所を間違えませんし、スムーズに必要なものを箱から取り出すことができます。
アイテム別に上手な梱包方法を知っておこう

生活雑貨類

包丁
包丁は、刃の部分を段ボール紙で包み、抜けないように2箇所テープで止めましょう。安全のため、包丁だとわかるように柄の部分は出しておくといいですよ。
本・CD・DVD
本やCD・DVDは、少なくても結構な重さになりますので、持ち運ぶ時に楽なように小さな箱に詰めましょう。ダンボールSに6~7割程度が目安です。
布団類
積み上げた布団の上から布団袋をかぶせ、布団全部を覆った状態でひっくり返すと簡単に収納できます。
食器類
食器類などの割れ物は面倒ですが、新聞紙等で1つずつ梱包していきましょう。隙間にも新聞紙を丸めて挟み、持ち運ぶ時に中で動かないようにしましょう。

その他・家電製品

冷蔵庫
冷蔵庫は、最低でも引越しの6時間前には電源コンセントを抜いて、霜取をして、運ぶ時に水がたれないようによく拭いておきましょう。
洗濯機
洗濯機は、水抜きをして蛇口を閉め、給水ホースを外しておきましょう。そして洗濯機を脱水でまわして排水ホースをはずします。
AV機器(テレビ・オーディオ等)
配線が複雑な電化製品のケーブルは色分けや接続箇所をメモしておき、引越し先で迷わずつなげる様に整理しておきましょう。
パソコン
パソコン内のデータは、念のためバックアップをとっておきましょう。
持ち運ぶ際は、購入時の箱があればそれで梱包します。

マイ暮らすの引越し荷造りパック

夫婦共働きでお忙しいご家庭や、小さなお子さまがいらっしゃるご家庭など、引越しの準備がなかなかできない方は思い切ってプロに頼ってしまいましょう!お引越しをするご家庭の小物、衣類、食器などの荷づくり、荷ほどきなどを、お客様に代わって家事代行のプロ女性スタッフがきめ細やかに行います。

ご利用料金9,800円(税抜)~
point1わかりやすい見積もり
point2女性スタッフが丁寧に梱包
point3開梱もお手伝い!
こんなお客様にご利用いただいています
夫婦共働きで忙しい方
夫婦共にご高齢で重労働が難しい方
妊娠中、または小さなお子様がいる方
仕事の都合などで準備時間がない方
お申し込み・お問い合わせはこちらから
家事代行・家政婦サービス
初回お試しプラン
定期プラン
ときどきプラン
一人暮らし応援プラン
出産応援プラン
育児応援プラン
親孝行プラン
ウチごはん
整理収納
保管付き宅配クリーニング
ライフスタイル別おすすめサービス
単身の一人暮らし
共働きのご夫婦
妊娠中・子育て
シニア
季節のおすすめ
家事のプロがするピカピカシリーズ
換気扇クリーニング
キッチンクリーニング
浴室クリーニング
洗面所クリーニング
トイレクリーニング
気になるシリーズ
3分で分かる!マイ暮らす紹介動画
サービスのご紹介動画
もっと知りたい!
料金とお支払について
ご利用の流れ
よくあるご質問
お客様の声
キャラクター紹介
インフォメーション
お客様情報と鍵の管理について
このページのTOPへ