24時間テレビドラマで一番泣けるものは?歴代視聴率やキャスト、あらすじも!

24時間テレビドラマで一番泣けるものは?歴代視聴率やキャスト、あらすじも! ドラマ

毎年8月に日本テレビで放送されている24時間テレビ。

なかでも実話や闘病記などを元にした24時間テレビドラマは、「キャストが誰なのか」「視聴率はどのくらいあったのか」など、毎年注目を集めています。

24時間テレビの中でも一番泣けるプログラムで、ドラマの内容は感動できるものが多く、誰しも一度は涙した経験があるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、これまでに放送された24時間テレビドラマについてまとめてみました。

なんと番組開始当初はドラマの放送が無かったんですよ!

さらに、気になる歴代視聴率についても、歴代視聴率ランキング上位の作品とそのあらすじや主演キャストと合わせてご紹介します。

また、一番泣けるドラマは何かも調べてみたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

24時間テレビ歴代ドラマ一覧

これまでに24時間テレビ内で放送されたスペシャルドラマはこちらです。

24時間テレビドラマが始まったのは第3回の放送で、初回は脚本家・倉本聰さんが描いたフィクションの物語でした。

実話を元にした作品が多い印象でしたが、スタートは違ったんですね。

実話や闘病記などを元にしたドラマは第10回あたりから増えてきました。

 

そして、第15回〜第19回までは珍しく24時間テレビドラマの放送がありませんでした。

番組の方向性をバラエティ寄りに変え始めた年だそうで、その影響でドラマの放送枠が無くなってしまったのかもしれませんね。

その後第20回から24時間テレビドラマの放送が復活。

第22回、第23回、第43回と放送の無い年もありましたが、基本的には24時間テレビドラマは毎年放送されているようです。

 

24時間テレビドラマの視聴率ランキング

数多くある24時間テレビドラマのうち、歴代視聴率上位6作品をご紹介していきます。

1位 小さな運転士 最後の夢

歴代視聴率第1位は、2005年の第28回24時間テレビ内で放送された「小さな運転士 最後の夢」です。

難病を抱えた少年が電車の運転士になる夢を叶えるまでの物語で、実話を元にした作品となっています。

このドラマが24時間テレビドラマの歴代最高視聴率である26.6%を記録しました。

最近では、メインパーソナリティのジャニーズタレントが24時間テレビドラマの主演を務めるのがお決まりのパターンとなっている中で、俳優の阿部寛さんが主演を務めたドラマが歴代視聴率の第一位というのには驚きですね。

 

2位 勇気ということ

歴代視聴率第2位は、1997年の第20回24時間テレビ内で放送された「勇気ということ」です。

交通事故に遭い下半身付随となり車椅子生活を余儀なくされた高校生が、車椅子バスケに出会って生きる希望を取り戻していく物語です。

KinKi Kidsnの堂本光一さんが主演を務めたドラマで、視聴率は26.3%でした。

第20回と節目のドラマであり、前回の第19回までしばらくドラマの放送がなかったので、目新しさで視聴率が良かったのかもしれませんね。

 

3位 みゅうの足パパにあげる

歴代視聴率第3位は、2008年の第31回24時間テレビ内で放送された「みゅうの足パパにあげる」です。

ある日難病を宣告された男性の闘病生活や家族愛を描いた物語で、実話を元にした作品となっています。

嵐の松本潤さんが主演を務めたドラマで、視聴率は25.6%でした。

同じく松本潤さん主演で大ヒットしたドラマ「花より男子」の劇場版が公開された後で、当時は嵐の人気が高まっていた最中であり、ドラマにも注目が集まったのかもしれませんね。

 

4位 時代をつくった男 阿久悠物語

歴代視聴率第4位は、2017年の第40回24時間テレビ内で放送された「時代をつくった男 阿久悠物語」です。

2007年に亡くなった作詞家の阿久悠さんの半生を描いた物語です。

KAT-TUNの亀梨和也さんが主演を務めたドラマで、視聴率は25.6%で第3位と同率でした。

闘病記や障害者の実話を元にしたドラマが多い中、著名人の生涯を描いた作品はこれが初めてで、幅広い年齢層に受けたことが視聴率が良い要因だったのかもしれませんね。

 

5位 最後の夏休み

歴代視聴率第5位は、2001年の第24回24時間テレビ内で放送された「最後の夏休み」です。

白血病が再発した女子高生が人生最後の夏休みを精一杯生きる物語で、実話を元にした作品となっています。

元モーニング娘。の安倍なつみさんが主演を務めたドラマで、視聴率は24.7%でした。

 

6位 車イスで僕は空を飛ぶ

歴代視聴率第6位は、2012年の第35回24時間テレビ内で放送された「車イスで僕は空を飛ぶ」です。

脊髄を損傷し車椅子での生活を余儀なくされ絶望していた主人公が、周囲の励ましを受けて前向きに生きていく姿を描いた物語で、実話を元にした作品となっています。

嵐の二宮和也さんが主演を務めたドラマで、視聴率は23.8%でした。

 

24時間テレビドラマで一番泣けるドラマは何?

24時間テレビドラマの多くは実話や闘病記などを元にしており、ストーリーの内容に思わず泣けるシーンも多くありますよね。

一番泣けるドラマは一体どれなのか調べてみたところ、以下の3作品を推す声が目立っていました。

  • 母さん僕は大丈夫
  • 今日の日はさようなら
  • はなちゃんのみそ汁

ネット上では、それぞれのドラマに対して「号泣した」「登場人物の気持ちに入り込みすぎて泣けた」「涙が止まらなかった」といった声が挙がっています。

やはり病気や家族愛を扱うドラマは泣けること必至ですよね。

 

この中から一番泣けるドラマを選ぶのは大変難しいですが、あえて選ぶとしたら「はなちゃんのみそ汁」が一番ではないでしょうか。

日本で放送されたテレビドラマのうち、泣けるドラマのランキングで14位にランクインしているほどです。

24時間テレビドラマ以外も含めたランキングで上位に入っていることから、より多くの人を感動させられる作品ということが分かりますね。

 

「24時間テレビドラマで一番泣けるものは?歴代視聴率やキャスト、あらすじも!」のまとめ

今回は24時間テレビドラマで一番泣ける作品や、歴代視聴率上位の作品についてまとめていきました。

24時間テレビドラマの歴代視聴率上位6作品の結果はこちら。

  1. 小さな運転士 最後の夢(26.6%)
  2. 勇気ということ(26.3%)
  3. みゅうの足パパにあげる(25.6%)
  4. 時代をつくった男 阿久悠物語(25.6%)※同率3位
  5. 最後の夏休み(24.7%)
  6. 車イスで僕は空を飛ぶ(23.8%)

24時間テレビドラマで一番泣けるドラマは「母さん僕は大丈夫」「今日の日はさようなら」「はなちゃんのみそ汁」の3作品が候補。

中でも一番泣けるドラマは「はなちゃんのみそ汁」で、その他日本のドラマを含めたランキングでも上位に入っている。

 

24時間テレビドラマは勇気や感動を与えてもらえる作品が多いので、毎年多くの注目を集めていますよね。

今後、歴代視聴率ランキングや一番泣けるドラマを更新するような話題作が出てくるのか、その点も注目して楽しんでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました