Aimerの読み方がエメなのはなぜ?意味や国籍、何語か気になる!

Aimerの読み方がエメなのはなぜ?意味や国籍、何語か気になる! 有名人、著名人
スポンサーリンク

ドラマやアニメの主題歌を担当し、初の紅白出場が決まったAimerさんですが、Aimerの読み方難しいですよね!?

一回で読める方って少ないんじゃないかなと思います。

 

この記事では、Aimerの読み方がエメなのはなぜ?意味や国籍、何語か気になる!ということで、様々な疑問を解明していきたいと思います。

 

今まで、Aimerの読み方がエメなのなぜ?何語で意味や由来は?と思っていた方、Aimerさんの国籍などAimerさんについて知らなかったという方は是非最後までお読みください!

最後にはAimerさんの魅力が伝わること間違いなしです。

 

Aimerの読み方は【エメ】!

Aimerさんの読み方は「エメ」です!

Aimerを「エイマー」や「エマ」と呼んでいたという方が多くいるようです。

実際、私も最初は「エイマー」さんだと思っていました(笑)

間違える人が多いってことは、それだけ難しい読み方なんですよね。

Aimerの意味や由来は?何語なの?

Aimerの読み方が「エメ」と解ったところで、その意味や由来も気になりますよね。

Aimerはフランス語で「愛する」「好きだ」を意味する動詞で、Aimerさん自身長年「エメ」という愛称で親しまれてきたことがAimerの由来となっています。

 

Aimerの国籍は?

Aimerさんの国籍は日本です!

Aimerさんは日本人離れした歌声とAimerという珍しい名前から日本人ではないと思われているようです。

しかし、お顔も純日本人顔、どこの情報を見ても日本人と書かれているので間違いありません。

 

Aimerの本名やプロフィール

Aimerプロフィール>

本名 非公表
生年月日 非公表
出身地 非公表
愛称 Aimer(エメ)
活動期間 2011年~
所属事務所 agehasprings
所属レーベル sakura Music

Aimerさんのプロフィールはそのほとんどが非公表となっています。

出身地が熊本県熊本市であるとい情報がありますが、中には東京都出身との噂もあり真実は分かりません。

 

また、生年月日も1990年7月9日と言われていますが、これも噂の一つです。

さらに、2010年の新人発掘「レコチョクオーディション」に出場した「藤本恵実」さんの顔がAimerさんに似ていることから同一人物であると囁かれていますが、これも確実な情報ではありません。

いずれにしても、Aimerさんのプロフィールは謎に包まれていることが分かりますね。

 

Aimerの経歴

Aimerさんは、とあるバンドのベーシストだった父親の影響で、幼い頃からジャズやブルースなどの音楽を身近に感じて育ちました。

 

また、宇多田ヒカルさんや椎名林檎さんが好きで、幼少期から歌声を真似て歌っていたそうです。

そんなAimerさんは、小学生の時にミュージカル「アニー」の劇中歌を見て歌手になることを夢見るようになりました。

 

しかし、幼少期から歌い続けてきたAimerさんは15歳の時に声帯を壊してしまい、半年間一言も喋らないという「沈黙療法」を経験したのです。

Aimerさんは、この経験をきっかけに「歌手になりたい!」という思いをより一層強くしたそうで、「喉に負担をかけないような歌い方」を独自で編み出し今の歌い方や声質になりました。

 

声帯は今でも完治していません。

手術をして治すことは可能なようですが、現在の声質などが変わってしまう恐れがある為手術は行わず現状維持して歌い続けています。

 

Aimerさんの音楽に対する姿勢や、自分の声に対する思いが伝わってきますね。

半年間も声を発せず筆談でのやり取りは想像するよりもっと過酷だったと思います。

Aimerさんには今後も声帯を大事にしながら歌い続けて欲しいですね。

 

Aimerの読み方がエメなのはなぜ?意味や国籍、何語か気になる!のまとめ

ここまでAimerの読み方がエメなのはなぜ?意味や国籍、何語か気になる!についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

Aimerの読み方は「エメ」で、Aimerさん自身長年「エメ」という愛称で呼ばれていたことに由来しています。

Aimerさんは詳しいプロフィールを公表していないので、謎に包まれた部分が多いですがその歌声は間違いありません。

 

声帯に不安を抱えながらも、現在の声質を失わない為に手術を選択しない姿には歌手としての強い気持ちが感じられます。

Aimerさんにはこれからも長く歌い続けてもらいたいですね。

Aimerさんの今後の活躍から目が離せません!

 

タイトルとURLをコピーしました