冷房と除湿で体に良いのはどっち?エアコンで快適に過ごす方法!

冷房と除湿で体に良いのはどっち?エアコンで快適に過ごす方法! 生活の知恵

年々暑さが厳しい夏、エアコンは生活必需品ですね。

1日中エアコンをつけているという方も多いのではないでしょうか?

エアコンを、ずっとつけていると気になるのは電気代と体へのダメージ。

 

エアコンのリモコンには、「冷房」と「除湿」がありますが意外とその違いを知らないという方も多いです。

体に良いのは、「冷房」と「除湿」どっちでしょうか

そして、エアコンで快適に過ごす方法もご紹介します!

 

冷房と除湿の違いとは?

エアコンのリモコンには、「冷房」「暖房」「除湿」この3つがあります。

エアコンの冷房と暖房の違いは、わかりますが意外と知らないのが「冷房」と「除湿」。

次に、エアコンの「冷房」と「除湿」の違いが判るしくみについてご説明いたします。

 

冷房

冷房運転を行うと、コンプレッサーで圧縮して冷やされた冷媒が導管の中を流れ、
エアコンの中にある熱交換器というアルミの何層にも重なったフィンを冷やします。
そこに空気を送ると、冷たい風ができて部屋の温度が下がります。

~ダイキン・エアコン百科より~

冷房は、器具のしくみにより冷たい風で室内の温度を下げるのです。

除湿

除湿運転を行うと、エアコンが湿度の高い部屋の空気を吸い込み、アルミの熱交換器で熱をうばって空気の温度を下げます。そうすると、空気が冷えて含むことのできる水分量が減り、空気中にいられなくなった水分が水滴としてアルミの熱交換器に現れます。その水滴を集めてホースを通じて部屋の外に出すことで、部屋の水分量が減り、乾燥した空気を再び部屋に戻します。これを繰り返すことで、部屋の水分をどんどん外に出して、湿度が下がります。

~ダイキン・エアコン百科より~

除湿は、吸い取った空気の水分を輩出することで室内の湿度を下げるのです。

冷房と除湿で体に良いのはどっち?

エアコンを使い続けていると、体の不調が心配という方も多いです。

猛暑の時期にエアコンはとても必要なので、使うことで体の不調が出るのは困りますね。

エアコンの「冷房」と「除湿」の使用は、どちらが体にいいのでしょうか?

 

調べたところ冷房も除湿も使い方次第で、体に良いということがわかりました。

体に不調が出る原因は、極端に低いエアコン温度にして体を冷やしすぎるからです。

また、エアコンの風が体に直接当たり続けるのもよくありません。

 

この使い方次第と言うのは、その日の天候や部屋の構造によります。

また、その建物の向きによっても使い方が異なります。

例えば、こんな使い方がおススメです。

 

  1. 蒸し暑い日→除湿で室内の湿度を下げる。
  2. 気温の高い日→冷房で部屋の温度を下げてから除湿。
  3. 風量は、自動にするか直接体に当たらないようにする。

 

状況に合わせてエアコンの使い分けはめんどくさいという方にお勧めしたいのは、自動運転です。

エアコンの自動運転機能は、最適な温度・湿度にしてくれるので是非利用したいですね。

 

冷房と除湿はどっちが涼しい?

エアコンの冷房と除湿は、どちらが涼しいのでしょうか?

調べたところ、最新のエアコンであれば冷房と除湿の涼しさに極端な違いがありません。

 

機能で決めるのであれば、室温を下げる冷房が涼しく感じるということになります。

涼しい・涼しくないは、これは個人差が大きくかかわる体感なので、極端に差はないという結論になります。

 

この「冷房」「除湿」どちらが涼しいのかの判断は、使用しているエアコンの製造時期でも変わります。

エアコンは、高額家電なので10年近くエアコンを使っているご家庭も珍しくありません。

年々暑くなる夏を乗り切るには予算を組んで適度にエアコンを買い替えることをおススメします。

 

除湿と冷房は寝るときどっちが快適?

エアコンを上手に使って快適な睡眠で暑い夏を乗り切りたいですね。

調べたところ、寝るときにおすすめなのは「冷房」です。

 

ただ夏の快適な睡眠環境には湿度も無関係ではありません。

体を冷やしすぎない温度は28度、汗を乾かす程度の湿度は50~60%

 

エアコンのリモコンで、温度と湿度が設定できる場合は是非上記の温度と湿度を設定してみてください。

エアコンによっては、湿度の設定ができないものもありますが「おやすみ」機能をいうボタンがあります。

快適な夜を過ごすための自動運転になる「おやすみ」機能も是非お試しください。

 

長時間の冷房を嫌い睡眠時にタイマー機能を使われる方もいます。

猛暑の時期は、熱中症のリスクが上がり途中覚醒してしまうので快適な睡眠にはなりません。

室温と湿度が適していれば、体の負担が軽くなるのでお手持ちのエアコンの機能をフル活用しましょう!

 

 

冷房と除湿で体に良いのはどっち?エアコンで快適に過ごす方法!のまとめ

エアコンの使用目的は、湿度と温度が下げ快適な室内環境にすることです。

スーパーの生鮮コーナーくらい冷えた部屋が好きな方もいますが、確実に体を壊します。

個人的な経験ですが、夏に冷房で体を冷やしすぎたら秋冬の腰痛が酷くなりました。

 

今回の記事のまとめは、以下のとおりです。

  1. 冷房は冷やした熱交換器に風をあて冷風を送ることで室温を下げる機能、除湿は室内の空気を吸い込み水分を外に排出し湿度を下げる機能。
  2. 冷房と除湿は、柔軟な使い方で体に負担がかからない。
  3. 冷房と除湿、あえて言うなら冷房の方が涼しいがエアコンの製造年にもよる。
  4. 寝るときは、冷房がおすすめ。温度湿度指定または「おやすみ」機能の活用も便利。

 

日本のエアコンは、とても優れていますので便利な機能はどんどん活用して快適に夏をすごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました