君の花になるの原作は漫画?韓国ドラマ?最終回までのあらすじや結末は?

君の花になるの原作は漫画?韓国ドラマ?最終回までのあらすじや結末は? ドラマ
スポンサーリンク

2022年10月18日(火)夜10時スタートの「君の花になる」。

女優の本田翼(ほんだ つばさ)さんが主演を務めるということもあり、注目を集めています。

「君の花になる」の主人公である仲町あす花(なかまち あすか)はある挫折により家に引きこもるようになってしまった元高校教師。

そんな主人公とトップアイドルを目指して日々励む8LOOMの物語となっています。

そんな「君の花になる」ですが、ネット上では〝原作って漫画?〟〝韓国ドラマ?〟〝最終回までのあらすじや結末が知りたい!〟と話題になっています。

そこで今回は、「君の花になるの原作は漫画?韓国ドラマ?最終回までのあらすじや結末は?」についてまとめました。

「君の花になる」の原作や最終回の結末が気になっている方はぜひ参考にして下さい☆

 

君の花になるの原作は漫画?韓国ドラマ?

「君の花になる」の原作はあるのか、また脚本家は誰なのかお伝えしていきたいと思います↓

 君の花になるの原作は完全オリジナルストーリー

ドラマ「君の花になる」には、原作漫画や小説、韓国ドラマ等は無く、完全オリジナルストーリーとなっています。

 

君の花になるの脚本家は誰?

ドラマ「君の花になる」は脚本家・吉田恵里香(よしだ えりか)さんによる完全オリジナルドラマです。

 

君の花になるのあらすじは?

「君の花になる」のあらすじをお伝えしたいと思います↓

「みんなを元気にできる、花のような先生になる」という夢を掲げて前向きに高校教師をしていた仲町あす花(本田翼)だったが、ある出来事をきっかけに挫折し、退職。姉・仲町優里(木南晴夏)の家に転がり込んで、優里が営むフードワゴンを手伝いながら、日々をなんとなく過ごしていた。

そんな中、優里と恋人の三ッ谷満男(菊田竜大)が結婚することに。これを機に独立しようと決意したあす花は、「可能性あふれる若者をサポートする仕事です」と書かれた住み込み寮母の求人に飛びつく。しかしそこはなんと、デビューするも売れない7人組ボーイズグループ・8LOOM(ブルーム)の寮だった!しかもグループのリーダーは、かつての教え子・佐神弾(高橋文哉)で…。

久々の再会を喜ぶあす花と対照的に、なぜかあす花に冷たく当たる弾。弾のほか、最年少だが精神年齢が高い成瀬大二郎(宮世琉弥)、最年長で男気がある古町有起哉(綱啓永)、しっかり者だがネガティブ思考の一之瀬栄治(八村倫太郎)、甘えん坊で自由人な桧山竜星(森愁斗)、一見クールだがド天然の久留島巧(NOA)、弟キャラで世話好きな小野寺宝(山下幸輝)と、グループのメンバーは個性的な子ばかり。

同期でライバルグループのCHAYNEY(チェイニー)の活躍に焦る弾は、グループを引っ張ろうとするもうまくいかず…。
そんな時、8LOOMは事務所の社長・花巻由紀(夏木マリ)から、半年後の契約更新は出来ないと告げられ―。

ひと筋縄ではいかない、あす花と8LOOMの共同生活が幕を開ける!

引用:「君の花になる」公式サイト:https://www.tbs.co.jp/kiminohananinaru_tbs/story/

なるほど…。

仲町あす花の挫折した過去や8LOOMがデビューできるのか放送開始が楽しみです!!

また、仲町あす花と佐神弾の恋⁉がどのように変化していくのかも気になりますね♡

 

君の花になるの最終回や結末はどうなるか予想!

「君の花になる」の最終回結末について予想していきたいと思います↓

8LOOMは、ブレイクするのか?

「君の花になる」の最終回結末は、あす花とボーイズグループ全員の成長を感じることが出来るのではないでしょうか↓

主人公である仲町あす花はある挫折がきっかけで高校教師を辞め、デビューを目指すボーイズグループの寮母となります。
〝あす花〟という名前は「辛いことがあってもアスには花を咲かせて、誰かの力になる」の意味が込められ、彼女の天真爛漫な性格が周りの雰囲気を明るくしていきます。
最終回では、トップアーティストとして成長させてくれるのではないでしょうか⁈
また、この経験から自分自身と向き合い挫折を乗り越えていくと思います!!

 

あす花はどのメンバーとハッピーエンド?

「君の花になる」の最終回結末では、あす花とメンバーの1人が恋に発展していくと予想します↓

恋愛視点でストーリーを見ていくと、あらすじより分かるように元教え子でもある佐神弾(高橋文哉)とのハッピーエンドに終わるようにも思います。
佐神弾はグループのリーダーでもあり。あす花からすると9歳も年下!!
揺れ動くあす花の心情も気になりますね♡

君の花になるの原作は漫画または韓国ドラマ?最終回までのあらすじや結末は?のまとめ

今回は、「君の花になるの原作は漫画または韓国ドラマ?最終回までのあらすじや結末は?」についてまとめました。

結論からお伝えすると、

  • 「君の花になる」は、原作漫画や小説、韓国ドラマは無く完全オリジナルストーリーとなっている。
  • 「君の花になる」は、脚本家・吉田恵里香による完全オリジナルドラマである。
  • 「君の花になる」は、あす花と8LOOMの一筋縄ではいかない共同生活を描くストーリーとなっている。
  • 「君の花になる」の最終回結末は、8LOOMが飛躍的に成長し、あす花はメンバーの1人とハッピーエンドを迎えると予想!!

ということが分かりました。「君の花になる」を視聴したい方や出演キャスト陣のファンの方はぜひ参考にして下さい☆

ドラマ
akariをフォローする
毎日がエブリデイ!
タイトルとURLをコピーしました