女神の教室はつまらないし面白くない?ネットの口コミや評判を調査!

女神の教室はつまらないし面白くない?ネットの口コミや評判を調査! ドラマ
スポンサーリンク

「女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~」は、2023年1月から月9枠で放送スタート!

裁判官で実務家教員の主人公・柊木雫を演じるのは、北川景子さん。

主人公を取り巻く人々が持つ個人の価値観をぶつけながら、法曹界のあり方を問うリーガル青春群像劇風ミステリーとのことですが、

これだけじゃよくわからない・・・ですよね。

すでに「女神の教室はつまらないしおもしろくない?」という悪い評判もあるようです。

今回は、ネットでの口コミや評判を調査してみました!

 

 

 

女神の教室はつまらないし面白くない?

女神の教室はつまらないし、面白くない?そんな口コミもありますが、まだ放送が始まっていないですし、情報もかなり少ないです。

女神の教室の原作やあらすじや、女神の教室に登場するキャストや相関図についてはかなり情報が出回っていますが、評判が聞こえてくるのはもう少し先になりそうです。

 

これでは、本当につまらないのか面白くないのか、判断できませんよね。

もう少し待ってみましょう~!

しかしすでに、口コミには、女神の教室が、つまらない、面白くない、と言われているようで、その理由3つについて、調べてみました。

理由①主役が裁判官やロースクールの教師に見えない!

「女神の教室」の主役は、北川景子さんです。

「女神の教室」では裁判官でロースクールの新米教員 柊木雫を演じます。

「太陽と海の教室」や「ブザービート」といった数々の大ヒットした月9に出演していますが、

実は北川景子さんは「女神の教室」で月9初主演だそうです!

 

「女神の教室」がつまらない、面白くないという口コミがあるのは、北川景子さんが裁判官やロースクールの教員に見えないというのが理由にあるようです。

北川景子さんですから、あのスタイルとお美しさですよ。

裁判官やロースクールの教員にはみえませんよね。

ですが、この作品では、眼鏡をかけて知的な雰囲気で主人公を演じるようです。

 

裁判官といえば、エリートで完璧な人を思い浮かべますが、主人公の柊木は、トンカツが大好物で、感受性豊かで人情味あふれる女性のようです。

凛としたイメージを持っている北川景子さんですが、今までにない役を演じるようです。

どのような表情が見られるのか楽しみですよね♪

また、北川景子さんの脇を固める女神の教室のキャストは誰なのか?も気になるところです♪

理由②現実の裁判はそんなに甘くないのでは?

タイトルとURLをコピーしました