舞いあがれ!のモデルは誰で原作は小説?時代設定や年代はいつ頃?

舞い上がれ!のモデルは誰で原作は小説?時代設定や年代はいつ頃? ドラマ
スポンサーリンク

10月3日から放送が予定されているNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」。すでに主演の福原遥さんを始めとするキャストも続々と発表され、「舞いあがれ!」はとても話題になっていますね。

ここではそんな「舞いあがれ!」の原作小説やあらすじについての情報をまとめています。また、「舞いあがれ!」の時代設定やヒロインのモデルについても調査しました。

 

「舞いあがれ!」に原作となる小説はあるのか、そして時代設定やヒロインのモデルとなった人物の情報も詳細に記しています。

ぜひ「舞いあがれ!」の放送が始まる前に予習してみてください。

 

舞いあがれ!の原作は小説?

「舞いあがれ!」には原作小説は存在しません。

 

「舞いあがれ!」は、五島列島や東大阪など早くから詳細な舞台が発表されていたので、原作があるかのような気がしますよね。

しかし「舞いあがれ!」は、完全なオリジナル作品だそうです。近年の朝ドラはオリジナルの作品が多い印象があります。

 

原作がある作品もいいですが、完全オリジナル作品は、全く未知の物語なのでとても新鮮な気持ちで楽しむことができますね。

「舞いあがれ!」もきっと新鮮な気持ちで見ることができるでしょう。

 

舞いあがれ!の脚本家は誰?

連続テレビ小説「舞いあがれ!」の脚本は、桑原亮子さん・嶋田うれ葉さん・佃良太さんの3人が担当されています。

 

  • 名前:桑原涼子
  • 生年月日:1980年
  • 出身:京都
  • 主な作品:「彼女が成仏できない理由」(2020年放送)、「心の傷を癒すということ」(2020年放送)など

 

桑原涼子さんは、子どもの頃に聴覚障害の症状が現れ、現在も耳がほとんど聞こえません。

元々弁護士というお仕事の夢を持っていらっしゃいましたが、難聴悪化のため、夢を叶えるのは困難だと感じ始めます。

その後、詩や童話を掲載する文芸雑誌に出会うことで、「書く仕事」が新たな夢となりました。

現在は見事にその夢を叶えられたということですね。

 

「舞いあがれ!」も夢を追う物語です。桑原涼子さんの想いが込められた素敵な作品になりそうです。

 

  • 名前:嶋田うれ葉
  • 生年月日:1974年5月11日
  • 出身:東京都
  • 主な作品:「エール」(2020年放送)(共同制作)、「リカ」2019年、「全力失踪」(2017年放送)など

 

嶋田うれ葉さんは東京都で生まれましたが、中学時代に祖母の家があったという石川県加賀市の片山津温泉へ転校しています。

そして、自然豊かで人の優しさがあふれるその地で過ごした中高時代が、今も書く力の原動力になっているそうです。

 

「舞いあがれ!」でも、五島列島という自然いっぱいの場所が出てくるので、その原動力がしっかりと生かされた作品となるでしょう。

 

  • 名前:佃 良太(つくだ りょうた)
  • 生年月日:1992年9月18日
  • 主な作品:「星とレモンの部屋」(2021年放送)など

 

佃良太さんは、2014年に、TOKYO MXの連続ドラマで脚本家としてデビューされました。2021年にNHKで放送された「星とレモンの部屋」は、「第44回創作テレビドラマ大賞」で大賞を受賞した作品です。

 

まだ30歳という若さある佃良太さんの参加によって、「舞いあがれ!」もパワーがある意欲的な作品となりそうですね。

 

舞いあがれ!のあらすじ

「舞いあがれ!」のあらすじを紹介します。

 

ものづくりの町・東大阪で生まれた舞。舞は、町工場を営んでいる父と母、そして兄との4人暮らしをしていた。
そんな舞の祖母は長崎の五島列島に住んでいる。
祖母の元を訪れた舞は、五島列島の豊かな自然、そして澄み切った広い空へ舞いあがる「ばらもん凧」の姿に感動する。
その感動はやがて、パイロットになりたいという思いにつながっていく。東大阪と五島列島という2つの場所で暮らした舞。彼女の夢は、そこにいる人たちと関わっていく中で、パイロットという夢が、空を通じるという共通点を持ったちがった形の夢へと変化していくー。

 

 

舞いあがれ!の時代設定や年代はいつ頃?

ドラマ「舞いあがれ!」は、1990年代~現代までの時代設定で物語が描かれます。

 

舞台の一つとなっている東大阪のものづくりの歴史は、1700年頃から始まりました。その後、高度経済成長期を経て、東大阪は大きな工業都市として発展していきます。

そして、現在は6000もの中小企業が立ち並ぶほどになりました。

 

ヒロインの故郷で、この歴史あるものづくりの町がどのような描かれ方をされるのか、見どころの一つとなるでしょう。

 

舞いあがれ!ヒロインのモデルは誰?

「舞いあがれ!」のヒロインのモデルは、兵頭精(ひょうどう ただし)さんではないかと言われています。

愛媛県出身の兵頭精さんは、日本で最初に航空操縦士免許を取得した女性パイロットです。大正時代のことでした。

 

前代未聞の女性パイロットということで、当時は世間から好奇の目で見られたり、批判されたりということがあったそうです。きっと、免許取得までもさまざまな挫折や困難もあったでしょう。

 

兵頭精さんをモデルにしているとはっきりと公式から明言されているわけではありません。

しかし、「空を飛ぶ」という同じ夢を持ち、それに向かって厳しい道のりを乗り越えていくという物語は、まさに兵頭精さんの生き方だと考えることができますね。

 

舞いあがれ!のモデルは誰で原作は小説?時代設定や年代はいつ頃?のまとめ

さて、今回は舞いあがれ!のモデルは誰で原作は小説?時代設定や年代はいつ頃?についてまとめました。

 

  • 「舞いあがれ!」には原作小説はない
  • あらすじは「ヒロインが”空を飛ぶ”という夢に向かっていく」というもの
  • 「舞いあがれ!」の脚本は、桑原涼子さん・嶋田うれ葉さん・佃良太さんの3人が担当
  • 「舞いあがれ!」は、1990年代~現代までの時代設定
  • 「舞いあがれ!」のヒロインのモデルは、兵頭精(ひょうどう ただし)さんの可能性が高い

 

NHKの朝ドラは幅広い世代から期待が寄せられる作品です。今回の「舞いあがれ!」についても早くから楽しみにしている人がたくさんいました。私もその一人です。

 

「舞いあがれ!」の放送までもう少しです。どんな作品となっているのか楽しみですね。

ドラマ
everyをフォローする
毎日がエブリデイ!
タイトルとURLをコピーしました