マイファミリー自動音声は人間!声優は皆が知ってるあの声の人!

マイファミリー自動音声は人間!声優は皆が知ってるあの声の人! ドラマ
スポンサーリンク

二宮和也さん主演の日曜劇場「マイファミリー」ですが、劇中で犯人からかかってくる自動音声が実は声優さんが演じていたということをご存じですか?

私もこのドラマみていましたが、どこからどう聞いても自動音声そのものなんですよね。

自動音声の声を演じているのは誰なんだろうということで、いろいろ調べてみると有名な声優さんであることが分かりました!

今回は「マイファミリー」で自動音声の声を担当した声優さんについてご紹介します。

 

こちらもチェック>マイファミリー犯人は吉乃で確定?意外な犯行動機とは?

こちらもチェック>心春フォルダーの中身は?隣の「F」は●●のFかも!?

こちらもチェック>心春と実咲が同一人物だという驚愕の理由とは!?

 

 

マイファミリー犯人の声は自動音声じゃなかった!

マイファミリーで犯人からかかってくる電話の声、ドラマを見たことがある人は1度は耳にしていると思います。

実はあの声、機械による自動音声ではなく実際の人間が喋っているんです!

私は実際に聞いた時、自動音声であることを疑いませんでした。

そのくらい違和感のない声でビックリですよ。

マイファミリーで自動音声を聞いた方も人の声だと信じられないようですね。

マイファミリー自動音声のような犯人の声は誰?

マイファミリーの自動音声の声が機械ではなく人の声だったとお伝えしましたが、声の主は一体誰なのでしょうか。

その答えは、声優の一龍齋貞弥さんです!

お名前は男性っぽいですが、一龍齋さんは女性の声優さんなんですよ。

一龍斎貞弥のプロフィール

ここからは一龍齋貞弥さんのプロフィールをご紹介します。

<プロフィール>

・名前:一龍齋 貞弥(いちりゅうさい ていや)

・誕生日:2月2日

・出身地:大分県

・出身校:日本女子大学文学部

・資格・免許:生田流琴・三絃師範・剛柔流空手二段

・趣味:常磐津・歌唱・英語

・特技:読経

・方言:大分弁

写真の左側の女性が一龍齋貞弥さんです。

とても品があって綺麗な方ですよね。

資格や免許が多いだけでなく、趣味も豊富で才能に溢れているのがよく分かります。

 

一龍斎貞弥の経歴がスゴイ

一龍齋貞弥さんは普段講談師として活動しています。

日本にいる講談師は約120人、そのうち女性は50人程と狭き門なのです。

そんな一龍齋貞弥さん、講談師としてだけでなくこれまでの経歴もスゴイんです!

<経歴>

・アニメ声優:キテレツ大百科(ピアノの先生/歯科医)

ちびまる子ちゃん(女の子)

美少女戦士セーラームーン(妖怪)

クレヨンしんちゃん(スチュワーデスB)

・ナレーション:さんまのsuperからくりTV

ドリーム・プレス社

NHK旅するイタリア語

・音声案内:全日空予約案内センター

日産自動車カーナビ

パロマ給湯器

こんなにも多くの声を担当していたなんて凄いです。

私たちに一番馴染み深いのが「お風呂が沸きました~」の給湯器からの声ですよね。

マイファミリーを見た後に自宅で同じ声が聞こえてきた時は、皆さんビックリしたようです。

マイファミリーの自動音声の声が普段身近に聞いていた声だとは想像もしていなかったので、私自身とても驚きました。

一龍斎貞弥の実際の音声は?

マイファミリーの自動音声の声を担当したことで注目されている一龍齋貞弥さんですが、私たちの身近なところで様々な声を演じていることは分かって頂けたと思います。

しかし、一龍齋貞弥さんの声がどんな声だか分からないという方もいますよね。

 

そんな方へ、こちらが一龍齋貞弥さんの実際の音声です。

 

どうですか?普段の話方も優しく品がありますが、やっぱり給湯器の声やナビの声は普段から聞き馴染みがある分、なんとなくホッとしませんか?

マイファミリーの自動音声の声とはかけ離れていて不思議な感じですが、こんなにもホッとする声から、恐怖さえ感じる自動音声の声まで演じることができるのはさすがプロですね。

普段からいろんな声に耳を傾けてみると、あちこちで一龍齋貞弥さんの声を聴くことが出来そうです。

マイファミリー自動音声は人間!声優は皆が知ってるあの声の人!まとめ

今回は、マイファミリー自動音声は人間で声優は皆が知ってるあの声ということでまとめてみました。

恐怖さえ感じる自動音声の声は機械ではなく、一龍齋貞弥さんという方が話している生の声なんです。

一龍齋貞弥さんは、120人しかいない講談師という珍しいお仕事の他にも、私たちの身近な声を担当していて、「お風呂が沸きました」のフレーズは聞き馴染みがありますよね。

マイファミリーの自動音声の声を担当したことで、今まで以上に注目されている一龍齋貞弥さん。

今後も様々な場所で声を聴く機会が増えそうで楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました