ワンパンマン原作終了の理由を知恵袋で調査!更新されないまま中止?

ワンパンマン原作終了の理由を知恵袋で調査!更新されないまま中止? マンガ
この記事には広告が含まれています。
この記事には広告が含まれています。
スポンサーリンク

となりのヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画『ワンパンマン』。

単行本は現在28巻まで刊行、累計発行部数は2022年11月時点で2800万部を突破!アニメ化もされているヒット作品です。

そんな『ワンパンマン』には原作のウェブ漫画があることをご存じですか?

その原作、知恵袋などで「もう連載終了してるよね?」などと噂されているのです。

 

原作が更新中止になったら、連載中の『ワンパンマン』にも影響が出るかも・・・?

ちょっと心配ですよね。

 

ということで今回のテーマは、「ワンパンマン原作終了の理由を知恵袋で調査!更新されないまま中止?」です!

漫画『ワンパンマン』の原作は終了しているのか?噂の理由を調査していきます!

 

\ワンパンマンの最新刊をチェック!/

 

ワンパンマンの原作は終了している?

まず、漫画『ワンパンマン』には原作版リメイク版である村田版2種類が存在しています。

原作者であるONE先生が自身が開設した個人サイトで、無料公開している漫画が「原作版」です。

漫画の原作が漫画って、ちょっと珍しいよね・・・。

元々『ワンパンマン』はONE先生が1話完結のつもりで描いたのですが、読者からの評判がとてもよかったんです。

この高評価を受け、ONE先生が最終話までの流れを作っていたところ、個人サイトのファンだった村田雄介先生からの声掛けで、一緒に漫画制作をすることになりました。

 

原作・ONE、作画・村田雄介で制作される「村田版」が、現在「となりのヤングジャンプ」で連載中の『ワンパンマン』ということになります。

 

一方、原作版『ワンパンマン』が掲載されるONE先生の個人サイトは現在も存在しており、連載の終了は宣言されていません

 

ワンパンマンの原作が終了と言われる理由は?

現在も最新話まで問題なく読める原作版『ワンパンマン』。

なぜ知恵袋などで連載終了が噂されるようになってしまったのか?

その理由はいくつかあるようです。

ひとつずつ見ていきましょう!

ワンパンマン原作終了の理由①休載期間が長いから

原作版『ワンパンマン』はONE先生が個人で開設したサイトで不定期連載されている作品なので、更新の頻度はONE先生次第となります。

 

いままでにも原作版『ワンパンマン』の更新が2年間止まったことがありました。

その際はONE先生自ら、更新休止をサイト上で正式に発表しています。

 

年単位で更新が途絶えると、「このまま連載終了になってしまうのでは・・・?」と不安になりますよね。

ワンパンマン原作終了の理由②作者が忙しいから

ONE先生は、原作版『ワンパンマン』以外にもたくさんの作品を手がけています。

  • ワンパンマン (2009年〜)
  • モブサイコ100 (2012年4月18日〜2017年12月22日)
  • 魔界のオッサン (2012年6月14日〜 )
  • REIGEN 〜霊級値MAX131の男〜(2019年) ※モブサイコ100のスピンオフ作品。
  • バーサス (2023年1月号〜)

特に『モブサイコ100』は、ONE先生が小学館の「裏サンデー」で正式に漫画家としてデビューした作品で、アニメ化もしている人気作。

他の作品の連載を抱えていては、そもそも不定期連載が前提である『ワンパンマン』の更新が止まってしまうのも無理はないかもしれませんね。

プロの漫画家の連載を無料で楽しめるのが、そもそもありがたすぎるよね!

ワンパンマン原作終了の理由③作者が趣味で書いているから

ONE先生が個人サイトで無料公開している原作版『ワンパンマン』。
一方、出版社で連載する作品には、当然原稿をしっかりあげて連載を続ける責任があります。
あくまでも個人で無料公開している原作版『ワンパンマン』の優先順位が下がってしまうのは、しかたのないことです。

仕事じゃないなら、いつか更新中止しちゃうかもしれないよね・・・。

最後まで読めるかちょっと不安だなあ。

ワンパンマン原作終了の理由④サイトが更新されないから

長期休載後は、不定期ながらも新しい話が更新されていた原作版『ワンパンマン』ですが、141話以降、更新が途絶えていました

 

このまま更新中止か・・・⁈」と原作版ファンはざわついていました。

しかし!

今年5月、およそ2年ぶりに原作版『ワンパンマン』が更新されたのです!

原作版『ワンパンマン』が更新されたとたん、SNSでは再開を喜ぶファンの声が爆発しています。

『ワンパンマン』ファンが、どれだけ原作の更新を待ち望んでいたかが分かりますね!

 

その後も投稿は続き、原作版『ワンパンマン』は現在145話まで更新されています

待っててよかった!このまま順調に更新されてほしい!

ワンパンマン原作終了の理由⑤作中で長期休載を匂わせていたから

更新がまばらで、過去にも約2年間の長期休載をしていた原作版『ワンパンマン』。

なんと、ONE先生自身がその2年休載を、『ワンパンマン』の作中で匂わせていたという噂があるのです。

 

匂わせがされているといわれているのは、『ワンパンマン』でかかれた、殺人事件のシーンです。

WARN(ワーン?)という名前、「画力の低さ」…。
警察官が口にした被害者が、ONE先生の特徴と一致していたことから、作者本人の休載予告と噂されたのです。
(ONE先生の絵の荒々しいタッチについては、ネットでも話題になっています…。)
さらに、「白骨化した死体」という言葉からも「作者がいなくなる」ことが連想され、「原作版『ワンパンマン』自体がそのまま連載終了になってしまうのでは?」と予想する声もあったそうです。

無事に更新されて本当によかった・・・。

ワンパンマン原作終了の理由⑥村田版が原作化?

村田版『ワンパンマン』は、原作版とはときどき展開が違うことがあります。

このことは、ファンにもよく指摘されていますね。

村田版『ワンパンマン』は、単行本が28巻まで刊行されている人気連載作品です。

さらに、村田版をもとに『ワンパンマン』はアニメ化もされ、アニメ3期の制作も決定しています。

ついにはハリウッドでの実写映画制作の話まで…!

原作版の知名度を、完全に村田版が上回る形になりました。

ですが先に述べたとおり、原作版『ワンパンマン』の更新を待ち望む声は多く、根強い人気が続いています。

村田版と原作版の違いを楽しむのもいいよね!

ワンパンマンは更新されないままに中止に?

2年以上更新されなかったことから、「原作が終了になるのでは?」「村田版が原作に追いついちゃったらどうなるの?」などと噂される『ワンパンマン』。

原作版『ワンパンマン』の更新も動き出したことですし、村田版ともども連載中止はまだまだ心配しなくてもよいのでは?

 

\ワンパンマンの最新刊をチェック!/

 

ワンパンマン原作終了の理由を知恵袋で調査!更新されないまま中止?のまとめ

今回は「ワンパンマン原作終了の理由を知恵袋で調査!更新されないまま中止?」についてまとめてみました。

  • 原作版『ワンパンマン』は、ONE先生の個人ブログサイトで現在も更新中!
  • 原作版『ワンパンマン』終了の噂の理由は、長期休載が続いたから
  • ONE先生は原作版『ワンパンマン』を仕事外で書いておりほかの作品の連載で忙しいことも連載終了と噂される理由かも
  • 今年5月から原作版『ワンパンマン』の更新が再開!原作版も村田版も連載中止にはならなそう!

『ワンパンマン』は、原作版も村田版も更新を追いかけていきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました