国葬は一般人も参列できる?安倍元首相の国葬はいつどこである?

国葬は一般人でも参列できる?安倍元首相の国葬はいつどこである? 生活の知恵
スポンサーリンク

2022年7月8日(金)に安倍晋三(あべしんぞう)元首相が選挙の演説中に銃で撃たれ亡くなりました

安倍晋三元首相の葬儀は7月12日(火)に東京都の増上寺(ぞうじょうじ)で家族葬という形で営まれましたが、安倍晋三元首相と最後のお別れをするため国民の多くが会場周辺に集まりました。

 

そして、これまでに国家のため多大なる功績を残した安倍晋三元首相に対し岸田文雄首相より「国葬」を行う方針であることが発表されています。

〝国葬〟と聞いて、あまり親しみを感じない方も多いのではないでしょうか?また、一般人も国葬に参加できるのか気になるところです!

そこで今回は、「国葬は一般人も参列できる?安倍元首相の国葬はいつどこである?」についてまとめました。

安倍晋三元首相の国葬に一般人として参加したいと考えている方や今回の一連の事件への思いがある方はぜひ参考にして下さい☆

 

チェック>>国葬の交通規制の時間や範囲は?鉄道や一般道も対象?

国葬は一般人も参列できる?

戦後、吉田茂元首相以降2人目となる安倍晋三元首相の国葬。

安倍晋三元首相の国葬を行うことが発表されて以降〝国葬〟という言葉をよく耳にしますが、国葬には一般人も参加できるのでしょうか?

また、もし一般人が参加できないということになると国葬に参加できる人とは一体どのような方々なのお伝えしたいと思います。

 

一般人は国葬に参列できない

安倍晋三元首相がお亡くなりになり、葬儀が営まれた際は一般人向けの献花台が設置されましたが、想像を遥かに超えた一般人が参加したこともあり一時中止になったとか…。

現代がコロナ禍であることや一般人の参加数の把握が難しい点から国葬に一般人が参列することは難しいのではないかと言われています。

ただ、安倍元総理の国葬当日は一般向けの献花台の設置があります。

国葬当日は交通規制もありますから、国葬の交通規制時間はいつからどこで?の記事にも記載しているように設置場所や時間を確認してから向かいましょう!

 

国葬に参列できる人とは?

では、国葬に参加できる人とは一体どのような方々なのでしょうか?

国葬とは国家が喪主となって行う葬儀となっているため国によって基準は異なっていますが、安倍晋三元首相と親交のある著名人は数多く参加するのではないでしょうか。

 

また、海外の参拝者も受け入れることが発表され注目を集めています。

チェック>>国葬賛成の有名人や芸能人一覧!賛成理由がヤバい!!

チェック>>国葬反対の有名人や芸能人一覧!反対理由に驚愕!?

 

安倍元首相の国葬に参列したい場合はどうする?

国葬に一般人が参加できるかどうかはまだ正式発表されていませんが、もし参加できない場合でも国葬に合わせ献花台や記帳台が設けられるのではないでしょうか?

そこで、国葬に参加という形になると考えます。

追記

国葬当日の9月27日に献花台の設置が決まりました。

 

一般人向けに何か所か設置することで密になることも防ぎ、多くの一般人が参加できそうです♬

 

当日は国葬の交通規制により混雑が予想されますので、必ず「国葬の交通規制はいつからどこで?範囲は?」の記事をご覧ください!

 

安倍元首相の国葬はいつどこである?

安倍晋三元首相の国葬がいつどこで営まれるのかについての詳細は以下の通りです↓

日付:2022年9月27日(火)
場所:東京都千代田区の日本武道館

という情報が発表されました!!

 

チェック>>国葬で学校会社は休みになる?祝日になる可能性!

 

「国葬は一般人も参列できる?安倍元首相の国葬はいつどこである?」のまとめ

今回は、「国葬は一般人も参列できる?安倍元首相の国葬はいつどこである?」についてまとめました。

結論からお伝えすると、

・正式発表はされていないが、コロナ禍や一般人の参加者数を把握することが困難であるため国葬に一般人が参加することは難しい
・国葬は安倍晋三元首相と親交の深い著名人や海外の参拝者が中心に参加すると考えられる。
・国葬は2022年7月27日(火)に東京都千代田区の日本武道館で営まれる予定

ということが分かりました。安倍晋三元首相の国葬に参加したいと思っている一般人の方はぜひ参考にして下さい☆

タイトルとURLをコピーしました