中学生の服装ダサい女子のあるあるとは!?センスが悪い7つの原因!

中学生の服装ダサい女子のあるあるとは!?センスが悪い7つの原因! 生活の知恵
スポンサーリンク

中学生になると、女の子は服装にこだわりが出てきますよね。

周りの目も気になってきます。クラスの子のセンスのいい着こなしが気になったり、でも自分が着るとなるとどんな服装がいいのかわからない…。

制服の時はいいけど、私服となると自信がなくなってしまうんですよね。

さらっと着こなして、センスがいい、というのは理想ですが、頑張りすぎるととダサい女子になってしまいます。中学生女子あるあるですよね。

今回は、中学生の服装ダサい女子のあるあるについて、大調査です!!

中学生の服装ダサい女子のあるあるとは?

中学生ダサい女子に共通の「あるある」とはどんなことか、気になりませんか?

おしゃれに見られたい、でも空回りしてしまうんですよね。

中学生ダサい女子の「あるある」はどんなことが考えられるのか、見ていきましょう!

 

中学生ダサい女子7つのセンスが悪いあるある

ここでは、中学生ダサい女子の「あるある」について、7つのポイントに注目して見ていきたいと思います。

おしゃれ迷子の女子、必見です!

 ダサい女子あるある①トレンド感が無い

ダサい女子あるある1番目はトレンド感が無いことです。

流行の変遷は目まぐるしいですよね。2022年はミニ丈のスカートが流行っていますが、スカートの丈もトレンドが毎年違います。

去年の服を着てみたら、サイズはピッタリでも、ちょっと前のダサい印象になってしまったりするんですよね。

今年のトレンドはチェックせずに、去年の服で出かけよう…はダサい女子あるあるですね!

 ダサい女子あるある②サイズがあっていない

ダサい女子あるある2番目はサイズ感のなさです。

服装のトレンドと同じで、中学生ともなると、サイズ感が毎年違ってきます。自分では変わっていないつもりでも、少しずつ変化していることが多いもの。

サイズが合わない服を着ていると、トータルバランスが悪くなり、だらしなく見えます。そのため、センスがなく見えるんですよね。

 ダサい女子あるある③露出がはげしい

ダサい女子あるある3番目は、露出の激しさです。

ショートパンツや肩出しトップス、おなかや背中が出る服はかわいいのですが、露出が多く、センスよく見せようとするのは、なかなか難しいアイテムです。

最近はシンプルで大人しめな服装が流行しているので、あまりにも露出がはげしいと少し時代遅れに見えてしまうかもしれません。

 ダサい女子あるある④大人っぽいまたは子供すぎる

ダサい女子ある4番目は年齢に合わない服装です。

まだ着られるから、と小学生時代のシャツを着ていたりしませんか?

小学生のときに買った子どもっぽいシャツとスニーカーを着てお出かけ…となると、ダサい女子になってしまいます。

逆に大人っぽい女子を目指して、露出した服装、派手なメイクなどすると、年齢に合っていないので、やはりダサく見えてしまうようですね。

 ダサい女子あるある⑤カラー&コーデが微妙

ダサい女子あるある5番目は、カラーとコーデが微妙ということです。

トップスを選ぶ時も、ボトムスとの組み合わせで考えるのではなくそれぞれのかわいさで考えてしまうんですよね。

どっちも一つ一つで見てみるとかわいいのに組み合わせが微妙だと、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。

カラーも組み合わせを考えないと、全体的に暗い印象になったり、まとまりがなくなってしまったり、ダサい女子あるあるの道に迷い込んでしまうんですね。

 ダサい女子あるある⑥TPOがおかしい

さて、ダサい女子あるある6番目は、TPOがおかしいことです。

TPOをわきまえてこそのセンスのよさなので、場面に合わない服装をしていると、不自然でダサいと思われてしまいます。

フォーマルな場面でラフな格好、アクティブな場面ではきっちりした服装など、TPOを考えない女子は、ダサく見えてしまうのです。

 ダサい女子あるある⑦清潔感がない

ダサい女子あるある最後は、清潔感がないことです。

どんな素敵な服を着ていても、服がしわしわだったり、毛玉だらけだったり、汚れていたりしては台無しです。

また、顔は無頓着か厚化粧、髪の毛はボサボサではダサい女子になってしまいますよね。

 

中学生ダサい女子にならない7つのセンスいい女子あるある

ハイヒール

 センスいい女子あるある①トレンド感を取り入れる

センスいい女子あるある1番目は、トレンド感を取り入れることです。

トレンドを知らないと、ファッションやアイテムなど、センスのよい女子に差がついてしまいます。

雑誌を読んだり、お店に出かけたりして、トレンドをチェックして新しいアイテムを取り入れてみましょう。

 センスいい女子あるある②ジャストサイズ!

センスいい女子あるある2番目は、服装のフィット感です。

自分に合わないサイズの服を着てオシャレしてもダサく見えてしまいます。

大きすぎず小さすぎない、ジャストなサイズ感の服を選びましょう。

センスいい女子あるある③露出はバランスを考える

センスいい女子あるある3番目は、露出のバランスです。

ファッションでは足し算引き算がだいじなので、たとえば、オフショルダーに短パンだと露出が多すぎて、逆にバランスが悪くなってしまいます。

トップスとボトムスを合わせて、露出のバランスを考えてみましょう!

 センスいい女子あるある④年齢にあった服装を楽しむ

センスのいい女子4番目は、年齢に合った服装を楽しむことです。

自分の年齢に合わせて、魅力的なコーデは変わってきます。

見た目が幼いのに大人びた服装をしてみても、不自然な印象を与えてしまい、センスがいい!とはならないんですね。

いつまでも子供っぽい小学生でもない、かといって大人びた高校生でもない、中学生ならではのコーデが楽しめるといいですね!

 センスいい女子あるある⑤SNSや友達のセンスを参考にする

センスいい女子あるある5番目は、SNSや友達のセンスを参考にすることです。

ひと昔前と違い、今はSNSなどで、流行りのアイテムの情報は簡単に手に入ります。

また、センスのよい友達のコーデを参考にするのもよいでしょう。

はじめは、ただ真似るだけだったものが、だんだんと自分なりの着こなしとなり、こなれていくのです。

 センスいい女子あるある⑥服装ルールがわからなければまわりに聞く

センスいい女子あるある6番目は、服装ルールがわからなければ、まわりに聞くことです。

はじめて行く場所などは、どのような格好をしていいかわからないこともあるでしょう。

そういうときは勝手に判断するのではなく、一緒に行く友人に聞いてみましょう。行ってみたら一人だけ浮いていた!という失敗も減ることと思います。

 センスいい女子あるある⑦服装以外の清潔感も忘れない

センスいい女子あるある7番目は服装以外の清潔感も忘れないことです。

出かける前に、髪型、メイク、服装などをチェックして、だらしないところはないか、汚れていないか、ボロボロではないか、よく見ておきましょう。

服などもよれていたら、買い替えるなど、こまめにチェックしておきましょう!

 

「中学生の服装ダサい女子のあるあるとは!?センスが悪い7つの原因!」のまとめ

今回は、「中学生の服装ダサい女子のあるあるとは!?センスが悪い7つの原因!」について、まとめてみました。

中学生ダサい女子は、何故ダサいのか、「あるある」を見てきましたが、いかがだったでしょうか。

ファッションセンスを磨くというのも、服装のことだけではなく、トータルバランスが大事だということですね。センスのよさは少しの心がけで生まれます。

小学生の時とはまた一味違った服装を楽しめるといいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました