女神(テミス)の教室原作は小説?最終回までのあらすじや結末はどうなる?

女神の教室原作は小説?最終回までのあらすじや結末はどうなる? ドラマ
スポンサーリンク

北川景子さんが月9初主演ということで注目されている「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」(読み:テミスの教室)が年明け2023年1月から放送されます! 

話題のドラマ情報を今からキャッチして年明けからドラマを存分に楽しみたいですね♪

そしてあらすじも気になるところです。
どのような展開があり、最終話の結末も今から色々と思い巡らせてしまいます。

「女神(テミス)の教室」原作はあるのでしょうか?はたまた原作は小説なのでしょうか?

 

そこで今回は「女神(テミス)の教室」の原作が小説なのか?
そして、「女神(テミス)の教室」の最終回までのあらすじや結末まで大予想していきます!

 

女神(テミス)の教室原作は小説?

月9ドラマは漫画や小説が原作をもとにドラマになることも多いですが、女神(テミス)の教室の原作は小説なのでしょうか?

調査したところによると「女神(テミス)の教室」はオリジナルストーリーになります。

 

北川景子さんはオリジナル作は台本を読んだ時に、原作ものの時よりも厳しい目で見てしまうようです。

 

台本を読み、ご自身が感じたものを提案したり現場の演技でやってみたりすることでオリジナルの良さが生まれることもあるそうです。

その為、全部を吞んでくださいと言うのではなく、面白いと思ったことは取り入れてもらえるよう密に連絡を取り合っているそうです。

 

より良い作品になるよう現場の皆さんがドラマを作り上げていかれるのですね!

女神(テミス)の教室はリメイク作品?

「女神」という言葉がタイトルにつくのは、韓国ドラマでもよく見かけます。
もしかしたら「女神(テミス)の教室」は韓国ドラマでのリメイク作品なのでしょうか?

「女神(テミス)の教室原作は小説?」の見出しでもお伝えしたように「女神(テミス)の教室」は完全なオリジナルストーリーなので、リメイク作品ではありませんでた。

 

日本で人気が出て話題に上がると、今後逆リメイクなどもあるかもしれませんね。

この月9ドラマの為に書かれたストーリーなだけに予測が難しくとても気になります。

 

では「女神(テミス)の教室」の脚本家はどなたなのでしょう?
次は「女神(テミス)の教室」の脚本家は誰なのかを紹介していきます。

女神(テミス)の教室脚本家は誰?

女神(テミス)の教室の脚本家は大北はるかさんと神田 優さんのお二人です!

大北はるか(おおきた はるか)さん

・年齢は不明
・早稲田大学商学部卒業
・主にフジテレビ製作のドラマの脚本を担当≪主な最近のテレビ作品≫
・『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』シリーズ
・『ナイト・ドクター
・『管理官キング
・『ユニコーンに乗って』他

神田 優(かんだ ゆう)さん

・1983年4月20日生
・多摩美術大学情報デザイン学科卒業
・ゲームプランナー&ゲームシナリオライターとしての経験をもつ≪主な最近のテレビ作品≫
・『競争の番人
・『愛しい嘘~優しい闇~
・『ごちそう~伊勢えび編~
・『漂着者』他

なんとも才能あふれる大北 はるかさんと神田 優さんが脚本を務めるとは、おもしろい化学反応が起こりそうな予感です。

楽しみですね!

 

女神(テミス)の教室あらすじ

やはり「女神(テミス)の教室」のあらすじが気になりますよね!
「女神(テミス)の教室」の様々な要素が入った「リーガル×ヒューマン×サスペンス」作品になります。

「女神(テミス)の教室」の主演を演じる北川景子さんのインタビューはこちら

 あらすじ

舞台は法科大学院のロースクール。
北川景子さん演じる主人公の柊木雫(ひいらぎ しずく)は裁判官からそのロースクールに派遣された新米教師です。

彼女を取り巻く人々が自身の価値観を合わせながら、生徒と先生が共に成長していくリーガル青春群像劇。

「人を知らなければいい法律家にはなれない」を大切にしながら、ロースクールで「法」だけでなく「人」を学ぶ授業を展開していきます。

柊木雫は裁判官という職業だったので完璧なタイプと思われがちですが完璧とは程遠い、とんかつが大好物な人間味あふれるキャラクターをなようです☆

ちなみに「女神(テミス)の教室」で研究科教員の藍井仁(あおい じん)を演じる山田裕貴さんです

タイトルにもある『女神』を古代ギリシア語 で「不変なる掟」の意味であり、「正義の女神」と見なされることが多い『テミス』と読むあたりも何か意味を持たせているのでしょう。

「女神(テミス)の教室」にはサスペンスの要素も含まれているのでハラハラドキドキもしそうです!

 

女神(テミス)の教室のドラマの結末を大予想!

さて「女神(テミス)の教室」の結末はどうなるのでしょうか?

派遣社員をしてやってきた柊木雫は、授業で大切にしているのは「人々の行動に隠れたなぜ?」を見つめること。

生徒たちがいずれ実際の事件を扱うようになった時は、法律と色々な状況や事情がある「人間」と向き合うことになります。

だからこそ柊木雫は、「まずは人を知ること、知ろうとすることが大切だ」という信念を教え込んでいきます。

 

法の教科書には載っていない「人」を知るための熱い授業をしていく中で、柊木雫は毎回、ある判例を取り上げそこに登場する人物の行動に着目していきます。

 

人間の心理がたくさん渦巻き、悲しくも、熱くもある感動的なシーンがありそうです。

 

さらには、サスペンス的な展開も忘れてはならない醍醐味です。

法では罰せられない程度の柊木雫とその周辺をターゲットにした嫌がらせが起こっていくそうなのですが・・・。

その犯人は!?

個人的な大予想ですが、ロースクール内部の身近な意外な人かもしれません。
そこでも柊木雫が大活躍しそうですね。

 

女神(テミス)の教室原作は小説?
最終回までのあらすじや結末はどうなる?のまとめ

今回は女神(テミス)の教室原作は小説?最終回までのあらすじや結末はどうなる?についてまとめてみました。

女神(テミス)の教室は原作はなくオリジナルストーリーです。

あらすじは北川景子さん演じる主人公の柊木雫(ひいらぎ しずく)が裁判官からロースクールに派遣された新米教師で、その周りを取り巻く先生や生徒の成長を描くストーリー。

そして更には「法」と「人間」に真摯に向き合い、サスペンスの要素も入ってくるので「リーガル」×「ヒューマン」×「サスペンス」がどのように折り合い展開するのかが見どころになりそうです!

 

「女神(テミス)の教室」の結末は完全オリジナルなのでまだベールに包まれたままです。妄想は膨らむばかりですが笑、楽しみでなりません。

 

年明け2023年1月放送予定の毎週月曜日よる9時からスタートの「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」を初回から観たいですね!

 

 

 

ドラマ
everyをフォローする
毎日がエブリデイ!
タイトルとURLをコピーしました