羽毛布団の洗濯に失敗したら復活できる?ふわふわに戻す方法を解説!

羽毛布団の洗濯に失敗したら復活できる?ふわふわに戻す方法を解説! 生活の知恵

寒い時期の睡眠に欠かせない羽毛布団。

どんなに寒い日でも、ふわふわの羽毛布団に包まれたら気持ちよく眠れますよね。

 

そんな羽毛布団をいざ洗濯してみたら、ぺちゃんこに固まってしまったということはありませんか?

昨日まではあんなにふわふわだったのに、どうして洗濯したら固まってしまうのでしょうか。

そこで今回は、洗濯に失敗した羽毛布団をどのようにしてふわふわの状態に復活させることができるかについて、詳しく解説していきます。

 

羽毛布団を洗ったら固まった!?原因は?

「洗濯OKの羽毛布団を買ったのに、自宅で洗ったら失敗してぺちゃんこに固まってしまった・・・」という悲しい経験はありませんか?

せっかく洗濯して汚れを落としたいのに、元のふわふわの状態が失われてしまうのは悲しすぎますよね。

実は、羽毛布団が洗濯によって固まってしまうのは、布団の中の羽毛が濡れてしまったことが原因なんです!

 

洗濯する前の羽毛は、布団の中で一つ一つ離れてふわっと広がっているので、羽毛布団ならではのふんわり感が保たれています。

しかし、洗濯すると羽毛が水に濡れてしまい、人間の髪の毛と同じように羽毛の毛も水分を含んでしぼんでしまいます。

さらに離れて広がっていた羽毛同士が、しぼんで空気を含まなくなったことで、布団の中で離れずくっついて固まってしまうのです。

 

とはいえ、羽毛を濡らさないために羽毛布団を全く洗わないというのも不衛生なので、どうにか洗濯したいですよね。

どうやったら失敗して固まった羽毛布団を、元のふわふわの状態に復活させることができるのでしょうか?

 

羽毛布団の洗濯に失敗した時の復活方法

洗濯に失敗してぺちゃんこに固まってしまった羽毛布団を、洗う前のあのふわふわとした状態に復活させたい!

そんな時は、羽毛布団の水分をしっかり抜いて、くっついてしまった羽毛同士を離すことが重要です。

羽毛布団の水分をしっかり抜くには、次の2つの方法があります。

  • コインランドリーで乾燥させる方法
  • 自宅で乾燥させる方法

それぞれの方法について詳しくご紹介していきますね。

 

コインランドリーで乾燥させる方法

水分をしっかり抜くならまず、コインランドリーにある乾燥機を利用するのがオススメ。

自宅で干すよりも簡単に素早くふわふわな羽毛布団に仕上がります。

しかも家庭用の乾燥機よりもサイズが大きいので、乾燥機の中で布団が大きく動き、中の羽毛をほぐす効果もありますよ!

 

ただし、高温すぎると羽毛本来の油分が失われてカサカサになってしまいます。

羽毛布団を乾燥させる際は、高温ではなく低温で乾燥させましょう。

 

自宅で乾燥させる方法

「羽毛布団をコインランドリーまで持っていくのはちょっと・・・」という場合は、少々時間や手間はかかりますが自宅でしっかり乾かしましょう。

 

まず、洗濯した後の羽毛布団は風通しのよい日陰でしっかり乾かします。

この時、洗濯ポールを2本使って布団がローマ字の「M」の形になるように干すと、より風通しがよくなるのでオススメです。

湿り気がなくなるまでしっかりと乾かしたら、羽毛布団を大きく振って形を整えます。

布団の中に空気を送り込むイメージで大きく振った後は、中で固まっている羽毛を指で摘んでほぐしてあげてくださいね。

 

羽毛布団の洗濯は宅配クリーニングがおすすめ

自宅でも羽毛布団を洗濯することはできますが、乾燥するのに手間や時間がかかるので大変ですよね。

そんな時は、最初からプロにお任せしてしまうのも一つの方法です。

クリーニング代はかかりますが、自宅で洗濯するよりも手間なく確実にふわふわな羽毛布団に仕上がります。

「乾燥が足りなくて羽毛布団がぺちゃんこに固まってしまった」といった洗濯に失敗するリスクも避けられて安心ですよ♪

 

なお、羽毛布団のクリーニングなら「宅配クリーニング」を利用するのがオススメ。

「宅配クリーニング」なら自宅で布団の発送・受け取りができるので、重たい布団を店舗まで運ぶ必要がありません。

布団の集荷を依頼したら、あとはふわふわの布団が届くのを待つだけ!

発送作業がある分日数はかかってしまいますが、自分で洗うより断然手間なく羽毛布団を洗うことができますよ。

また、業者によって洗剤や洗い方へのこだわりも違うので、各業者のホームページでサービスや料金等をチェックしてみてくださいね。

 

「羽毛布団の洗濯に失敗したら復活できる?ふわふわに戻す方法を解説!」のまとめ

今回は羽毛布団の洗濯に失敗した際、ふわふわの状態に復活させる方法についてまとめてみました。

洗濯後の羽毛布団がぺちゃんこに固まってしまうのは、洗濯によって布団の中の羽毛がしぼみ、羽毛同士がくっついてしまうことが原因。

失敗してぺちゃんこに固まってしまった羽毛布団でも、コインランドリーや自宅でしっかりと乾燥させれば、元のふわふわな状態に復活させることができます。

また、費用はかかるけど確実にふわふわな羽毛布団に仕上げるなら、宅配クリーニングを利用して洗濯から乾燥までプロにお任せするのもオススメです。

羽毛布団を洗濯する手間や時間、仕上がりなどを考慮して、自分にあった洗濯方法を選んでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました