ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚した?子どもや子孫がいるか考察!

ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚した?子どもや子孫がいるか考察! 特番テレビ
スポンサーリンク

涙なしでは観れないぐらい感動すると大反響のあった映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」では、映画公開前に放映されたテレビシリーズのアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ではわからなかったその後のヴァイオレットとギルベルトについて何かわかるのではないかと注目されました。

ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚し、子どもや子孫もいるのかも気になるところです。

 

そこで今回は、登場人物のヴァイオレットとギルベルトはその後結婚したのか?
ヴァイオレットとギルベルトに子どもや子孫はいるのか?について調べていきます
(内容の一部のネタバレがこの記事には含まれます!)

ヴァイオレットエヴァーガーデンの気になる情報

 

ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚した?

2018年にテレビ放送された人気アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」では、ギルベルトが生きているのかがわからないままで終わりました。

 

しかし2020年に公開された映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」ではテレビシリーズのマンガのその後が明らかになります。

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の中でギルベルトが生きていることがわかりました!

そしてヴァイオレットとギルベルトがその後結婚したのか?という点ですが、ヴァイオレットとギルベルトが感動的な再会を果たしましたが、はっきりと結婚式のシーンはありませんでした。

しかし、エンドロール最後にヴァイオレットとギルベルトがお互い見つめ合い指切りをしているシーンがあったので、個人的な見解と願望が入りますが、おそらく結婚したのではないかと感じました。

その後は小説に書かれている!その内容とは?

2020年に公開された映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」で入場者特典が週替わりで配布されました。

「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の3週目からの入場者特典として配布された短編小説があります。

その短編小説タイトルは「ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢」というものでヴァイオレットとギルベルトのその後が描かれています。

しかし、「ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢」のタイトルにあるように小説の内容は中ではギルベルトの視点からみたヴァイオレットへの想いが書かれいるようです。

 

ギルベルトの視点で語られる過去は苦しく、それに対して現在はヴァイオレットとギルベルトが一緒に過ごす理想の時間も「ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢」に書かれているそうです。

 

ヴァイオレットとギルベルトに子どもはいるのか考察!

次は、ヴァイオレットとギルベルトに子どもがいるかについてです。

テレビシリーズのマンガ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」と「劇場版ヴァイオレット・エバーガーデン」にはヴァイオレットとギルベルトに子どもがいるシーンはみられませんでした。

 

調査の結果、短編小説「ギルベルト・ブーゲンビリアと儚い夢」にも子どもがいることは書かれていないようです。

ラストに登場する郵便局員は子どもか子孫?

次は更に「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のラストに登場する郵便局員は子どもか子孫?についてお伝えしていきます。

 

まず、ラストに登場する郵便局員がいる時代はテレビシリーズのアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」から約60年後になります。

そして、ラストの郵便局員が登場するシーンでは、デイジー・マグノリアという女の子も一緒に出てきます。

デイジー・マグノリアは、TVシリーズのマンガ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の10話に登場したアン・マグノリアという女の子の孫にあたります。

デイジー・マグノリアが最後のシーンでヴァイオレットが晩年、郵便業務をしていたエカルテ島の郵便局に訪れます。

その郵便局にいた郵便局員が胸元に襟章をしていました。

そこで、その胸元に襟章を付けていることもあり郵便局員がもしかしたら、ヴァイオレットとギルベルトの子どもか子孫か?と考えた方も多かったようです。

 

ただ、その郵便局員とデイジー・マグノリアのいる時代はヴァイオレットがいた時代から約60年後のことなので郵便局員は子どもか子孫ではない可能性が高いようです。

ドールの襟章をしていた

ラストに登場する郵便局員は子どもか子孫?の見出しでもお伝えしたようにヴァイオレットとギルベルトの子供か子孫かと憶測がとんだのは、郵便局員がドールの襟章をしていたということが理由にあるようです。

 

この郵便局員が胸元につけていたドールの襟章は、ヴァイオレットもつけていた自動手記人形育成学校でもらうドールの証です。

 

ただ、後の公式の書籍で郵便局員が着けているドールの証の襟章は、レプリカであることが記されていたそうです。

過去から現在へと時代が流れてもヴァイオレットが島民に愛され続け、功績が語り継がれている素敵なシーンでもありました。

意味深な登場

ドール(自動手記人形)の襟章をしていた記事でもお伝えした郵便局員がラスト近くに出てくるのは何か大切なメッセージがあるのではないか?

ドールの襟章(後にレプリカということが判明)をつけている郵便局がラスト近くに突然出てきたので、意味深な登場に感じ深読みしたくなりますよね。

 

調査したところ、ラストに登場する郵便局員は意味深な登場に見えますが、特別何か隠された秘密があるわけではありませんでした。

 

おそらくラストに登場する郵便局員はヴァイオレットがどれだけ島民に貢献し愛されていたかを表現するためのキャラクターの一人なのかもしれませんね。

 

ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚した?
子どもや子孫がいるか考察!のまとめ

今回はヴァイオレットとギルベルトはその後結婚した?子どもや子孫がいるか考察!についてまとめてみました。

 

ヴァイオレットとギルベルトはその後結婚したシーンは見つかりませんでした。

しかしヴァイオレットとギルベルトがこれからも一緒に過ごしていくのではないかと思うような幸せそうなシーンがありました。

そして、ヴァイオレットとギルベルトの子どもや子孫がいるかについての情報も見当たりませんでした。

ヴァイオレットとギルベルトのその後は、観る側の皆様のイメージの幅を持ってもらえるように作られているのかもしれません。

想像が膨らみますね!

ヴァイオレットとギルベルトがこのままずっと一緒に幸せでありますように☆

 

タイトルとURLをコピーしました