24時間テレビマラソンのワープ疑惑は本当!?やらせの真相も調査!

24時間テレビマラソンのワープ疑惑は本当!?やらせの真相も調査! 有名人、著名人

夏季の代表的な番組である日本テレビ24時間テレビ~愛は地球を救う~

今年も24時間テレビが8月27日(土)・28日(日)に放送される情報を受け、早くもネット上では盛り上がりを見せています。

そんな24時間テレビの看板企画といえば、やはり〝マラソン〟ではないでしょうか?

今年の24時間テレビはEXITの兼近大樹(かねちか だいき)さんがチャリティーマラソンランナーを務めることが公式発表され話題を呼んでいます。

これまでに錚々たる有名人が24時間テレビのマラソンにチャレンジし、国民に感動を与えてきました。

しかし、視聴者の中には〝走ってる人ワープしてない?〟〝マラソンのやらせ感が強くて気分悪い〟という意見を持っている人も…。

そこで今回は、「24時間テレビマラソンのワープ疑惑は本当!?やらせの真相も調査!」についてまとめました☆

24時間テレビマラソンのやらせ疑惑ついて詳しく知りたい方はぜひ参考にして下さい。

 

24時間テレビのマラソンはやらせなのか?その理由は?

24時間テレビのマラソンがやらせであると思われる理由が2つあります。

下記の表を参考にその真相をお伝えしていきたいと思います↓

ランナー 距離 ゴール時間
2019 近藤春奈/よしこ/水ト麻美/いとうあさこ 148.78㎞ 20:58
2018 みやぞん 100㎞ 20:45
2017 ブルゾンちえみ 91㎞ 20:48
2016 林家たい平 100㎞ 20:46
2015 DAIGO 100㎞ 20:44
2014 城島茂 101㎞ 20:48
2013 森三中・大島美幸 88㎞ 21:20
2012  佐々木健介/北斗晶  ファミリー 120㎞ 20:58
2011 徳光和夫 63㎞ 20:44
2010 はるな愛 85㎞ 20:45

 

ゴールの時間がぴったり

24時間テレビのやらせ疑惑の1つ目の理由は、「ゴールの時間がぴったり」であることです。

24時間テレビ番組の終了が近づくと出演者全員で加山雄三(かやま ゆうぞう)さんの〝サライ〟を歌い、マラソンランナーが到着するのを待つという感動的なムードに包まれます。

しかし、上記の表を見て分かるようにほぼ全てのマラソンランナーが21時前後にゴールしていることが分かります。

このことから、24時間テレビの歴代ランナーのゴール時間が似ていることから「やらせ」を疑われています。

 

マラソンの距離

24時間テレビやらせ疑惑の2つ目の理由は、「マラソンの距離」についてです。

24時間テレビ歴代ランナーの方は平均100㎞の距離を走っています。

年齢や性別、体調面への考慮をした上で距離の変動はあり、サポーターによるペース配分や休憩時間などへの配慮を受けながら走ります。

しかし、生放送ということもあり過去の24時間テレビでは考えられない速度でゴールしたり、テロップで表記されている距離が大幅に縮んだことでワープを考えさせられたりしたことがあります。

これらのことを踏まえ、24時間テレビマラソンの際に「車で移動した」や「タクシーを使った」とやらせ疑惑が噂されるようになりました。

 

24時間テレビマラソンのワープ疑惑とは?やらせはあった?

では、実際に24時間テレビマラソン中にやらせ疑惑をかけられた有名人をご紹介していきたいと思います。

 

ダチョウ倶楽部の車移動疑惑


1994年の第17回24時間テレビマラソンを走った「ダチョウ俱楽部」。

メンバー3人が放送時間内に100㎞を完走したものの、ビートたけしさんの「ダチョウ俱楽部が24時間テレビのマラソンで、車を使って移動していた」という暴露発言により周囲は騒然。

ビートたけしさんは笑いのために冗談発言をしたつもりが、反響が大きく新聞に取り上げられるまでに…。

24時間テレビマラソンの〝やらせ疑惑〟に発展してしまったようです。

 

西村知美のワープ疑惑

2022年の第25回24時間テレビマラソンを走った「西村知美(にしむら ともみ)」さん。

西村知美さんは100㎞マラソンにチャレンジし、なんとか時間内に走りきりました。

しかし、マラソンの途中残り3時間に対しゴールまで30㎞も残っていました。1時間に10㎞のペースで走らなければならない中、1時間後の放送ではなんと残り10㎞という状況に…
ということは、西村知美さんは1時間で20㎞走ったという計算に。

補足すると、女子世界記録(ハーフマラソン:21㎞)は1時間4分のため、とんでもない記録を叩き出したことになります。

そのため、以降の24時間テレビのマラソンは車で移動するなどの〝やらせ疑惑〟が懸念されるようになりました。

 

はるな愛の距離偽装疑惑

2010年の第33回24時間テレビマラソンを走った「はるな愛」さん。

初のニューハーフマラソンランナーとして注目を集めていましたが、距離をごまかしたとされるデマを流され話題に…。

公式発表されていた85㎞に対し、追跡していた人物より62.9㎞だったというマラソン距離を偽るデマの情報を流されてしまいSNSで拡散されてしまいました。

後日、調査された結果を見ると85㎞であったことを証明されています。

 

北斗晶のワープ疑惑

2012年の第35回24時間テレビマラソンを走った「佐々木健介(ささき けんすけ)北斗晶(ほくと あきら)ファミリー」。

佐々木健介・北斗晶ファミリーは120㎞をリレー形式で番組放送中に走りきり高視聴率に…。

しかし、北斗晶さんが走った際にゴールまで残り1.99㎞のテロップが表示が、3歩程度歩いただけで残り1.38㎞の画面表示になったのです。ということは、610mワープしたことになります。

番組放送後、番組側より説明があり真相解明へとつながりました。

 

大島美幸の距離詐称疑惑

2013年の第36回24時間テレビマラソンを走った森三中の「大島美幸(おおしま みゆき)」さん。

大島さんは24時間テレビよりオファーがあった際に自分の体重=走行距離とする、これまでに無い一風変わった発表をしました。

大島さんの場合、やらせ疑惑とは異なり公式発表されていた距離以上のルートを完走していたとか…。

自分の体重と一緒の距離を設定したものの24時間テレビの代名詞とも言われるマラソン。ゴール時間を見据えた結果、距離を延ばす必要があったのではないかと考えます!

しかし、24時間テレビマラソンを完走したことにより-16.3㎏もの減量に成功したそうです♬

 

24時間テレビマラソンにはやらせ防止の追跡班が結成されている

24時間テレビマラソンでは〝やらせ防止〟の為、追跡班が結成されているそうです。追跡班はバイク等でマラソンランナーを追跡して距離を測り、配信までしているようです。

交代で見守るとは思いますが、中々の労力ですね(汗)

しかし、24時間テレビマラソンの追跡班が追跡しなくとも、最近ではSNSが普及しているため車やタクシーの移動が確認されればすぐにネット上で拡散されてしまうでしょう。

 

「24時間テレビマラソンのワープ疑惑は本当!?やらせの真相も調査!」のまとめ

今回は、「24時間テレビマラソンのワープ疑惑は本当!?やらせの真相も調査!」についてまとめました。

結論からお伝えすると、

・24時間テレビマラソンのゴール時間がぴったりであることや距離が大幅に変化していることから〝やらせ疑惑〟が浮上。
・24時間テレビマラソンに参加したダチョウ俱楽部西村知美さんはるな愛さん北斗晶さん、大島美幸(森三中)に疑惑が寄せられている。
・24時間テレビマラソンには〝やらせ〟をしない為に追跡班が常に監視している。

ということが分かりました。24時間テレビに興味のある方や24時間テレビマラソンに疑問を抱いている方はぜひ参考にして下さい☆

タイトルとURLをコピーしました