竜とそばかすの姫の声優がひどい!?棒読みで下手すぎるのはなぜ?

竜とそばかすの姫の声優がひどい!?棒読みで下手すぎるのはなぜ? ドラマ

2021年に公開された細田監督の長編アニメーション作品「竜とそばかすの姫」

主人公を演じた中村佳穂さんが歌う「U」は、NHKの紅白歌合戦で披露されるほど話題にもなりました。

細田監督作品といえばプロの声優ではなく俳優を多く起用することで有名ですが、今作の主人公もプロの声優ではなくミュージシャンが起用されているうえ、他のキャストも半数以上が俳優となっています。

そんな竜とそばかすの姫の声優キャストの演技について、ネットでは「声優がひどい」「棒読みで下手」と話題に。

そこで今回は、竜とそばかすの姫の声優に対する良い評判からひどい評判まで、また細田監督がプロの声優を使わない理由などをまとめてみました。

 

 

\「竜とそばかすの姫」を今すぐフル視聴/

U-NEXTで「竜とそばかすの姫」を無料視聴

U-NEXTで31日間無料視聴するならこちら

 

竜とそばかすの姫の声優キャスト一覧

まずは、竜とそばかすの姫の声優キャストをご紹介します。

  • すず(内藤鈴)/ベル:中村佳穂
  • 竜:佐藤健
  • しのぶくん(久武忍):成田凌
  • カミシン(千頭慎次郎):染谷将太
  • ルカちゃん(渡辺瑠果):玉城ティナ
  • ヒロちゃん(別役弘香):幾田りら(ikura)
  • 吉谷さん:森山良子
  • 喜多さん:清水ミチコ
  • 奥本さん:坂本冬美
  • 中井さん:岩崎良美
  • 畑中さん:中尾幸世
  • すずの父親:役所広司
  • すずの母親:島本須美
  • ジャスティン:森川智之
  • イェリネク:津田健次郎
  • スワン:小山茉美
  • ひとかわむい太郎・ぐっとこらえ丸:宮野真守

なんと、声優キャスト全体の半数以上を俳優さんが占めています。

プロの声優さんは上記の一覧の中だと島本須美さん、森川智之さん、津田健次郎さん、小山茉美さん、宮野真守さんの5名のみ。

しかも演じているキャラクターは主役ではなく脇役というのもビックリですね。

 

演技は俳優さんも上手ですが、声だけの演技となると普段とは勝手が違って難しいのではないでしょうか。

プロ以外の人が大半を占めている状況だからこそ、「メインキャストの演技が下手」と言われてしまうのも納得ですね。

 

竜とそばかすの姫の声優の評判がひどい

竜とそばかすの姫の声優キャストの演技に対して、実際にどのような評判が寄せられているのか、良い評判・悪い評判をそれぞれまとめてみました。

 

声優の良い評判

まずは、声優キャストの演技に対しての良い評判から見ていきましょう。

  • 歌声は綺麗でよかった
  • 中村佳穂さんの声が好き
  • 幾田りらさんが初声優と思えないほど演技が上手だった

主役の中村佳穂さんの歌声や声質については、良い評判が多く寄せられていました。

中村佳穂さんはもともとミュージシャンとして10年以上活動されている方なので、歌声については文句のつけようがないほど綺麗ですよね。

また、YOASOBIのボーカルikuraとしても活躍されている幾田りらさんの演技を評価している方も多く見られました。

幾田りらさんが演技をするのは今回が初めてだそうですが、演技が上手いなら今後声優や俳優のお仕事の機会が増えるかもしれませんね。

 

声優のひどい評判

次に、声優キャストの演技に対しての悪い評判はこちら。

  • 主人公が棒読みで残念
  • 声優が本職でない役者さんばかりで演技が下手
  • 歌とキャラクターでキャストを分けたほうが良かった

やはり声優を本職としていない俳優やミュージシャンが多いだけに、一般的なアニメと比較して演技が棒読みであったり、下手でひどいという評価も多く寄せられていました。

主役の中村佳穂さんも、演技未経験でいきなり主役に抜擢されたとはいえ、主役が棒読みというのは少し残念ですよね。

歌の部分のみ中村さんにお任せして、演技は他の俳優さんやプロの声優さんがやる、という選択肢もありだったのではないでしょうか。

 

自分の耳で竜とそばかすの姫の声優がひどいか確かめてみる?

▼▼▼

U-NEXTで「竜とそばかすの姫」を無料視聴

 

竜とそばかすの姫がプロの声優を使わない理由は?

竜とそばかすの姫には、「風の谷のナウシカ」のナウシカ役である島本さんや、トム・クルーズの吹き替えを担当する森川さんなど、プロの声優さんも何名か出演しています。

しかし、メインキャラクターではないので出番は少ないうえ、公式サイトにも名前が記載されていません。

細田監督はどうしてプロの声優さんをメインキャストに使わないのでしょうか。

 

プロ声優のスケジュール

細田監督はアニメ作品を作る際に、出演する声優を全員揃えて同時に収録するというこだわりがあるそうです。

しかし、プロの声優さんはアニメや映画の吹き替えなどで忙しいため、スケジュールの調整が容易ではありません。

その結果、スケジュールが調整しやすい俳優さんがどうしても多くなってしまうようです。

 

注目俳優を起用する話題性

普段ドラマなどで活躍する俳優さんがアニメ作品に出演すると、「あの俳優さんが声優をやるんだ!」と話題になりますよね。

話題になることでエンタメニュースなどで取り上げられるので、映画の内容以外でも興味を引くことができます。

さらにその俳優さんが今注目されている若手俳優なら、尚更話題になること間違いありません。

 

しかし、細田監督が俳優を起用するのは話題集めのためではなく、注目俳優だからというこだわりもありません。

声優のオーディションをする際は、俳優に限らずプロの声優や舞台俳優など幅広いジャンルの人々を対象にしているとのこと。

そして偶然にも注目俳優が選ばれるだけのようです。

 

「竜とそばかすの姫」を見る

まずは31日間の無料トライアル

 

ほかのアニメとの差別化

細田監督のアニメ作品の多くは、プロの声優さんではなく俳優さんが起用されています。

それは「技術ではなく存在感や人間性で表現できる人を求めている」という細田監督の想いがあるからだそうです。

声優に求めるものやオーディション対象、収録方法へのこだわりが他のアニメ作品と違っているだけで、決してプロの声優さんが嫌いだとか、他のアニメ作品と一纏めにされたくないという理由ではないそうです。

 

 

\「竜とそばかすの姫」を今すぐフル視聴/

U-NEXTで「竜とそばかすの姫」を無料視聴

U-NEXTで31日間無料視聴するならこちら

 

「竜とそばかすの姫の声優がひどい!?棒読みで下手すぎるのはなぜ?」のまとめ

今回は、アニメ映画「竜とそばかすの姫」の声優に対する評判についてまとめていきました。

竜とそばかすの姫の声優キャストは半数以上が俳優やミュージシャン

プロの声優は5名いるが、いずれも主役ではなく脇役を演じている。

竜とそばかすの姫の声優の演技に対して「歌は綺麗」「声が好き」という良い評価がある一方で、「主人公が棒読みで残念」「演技が下手でひどい」という悪い評価も。

竜とそばかすの姫で細田監督がプロの声優を使わないのは、収録スケジュールの調整が難しいことが理由の一つ。

細田監督作品の声優は、俳優に限らずプロの声優や舞台俳優など幅広くオーディションを行い、「技術ではなく存在感や人間性で表現できる人」を求めている。

 

声優の演技についてさまざまな評価はありますが、プロの声優ではないことや細田監督が求めている人物像を考慮すると、他のアニメ作品と比較して「声優がひどい」と言われても納得かもしれません。

竜とそばかすの姫は劇中の音楽も素晴らしい作品なので、ストーリーだけでなく歌にも注目して鑑賞してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました